くせ毛が寝起きにまとまらないならレプロナイザーにしてみては??

くせ毛が寝起きにまとまらないならレプロナイザーにしてみては??

 

 

くせ毛は見た目の印象がよくないしテンションがあがらない

 

くせ毛は、悩ましいものです。特に、私たちのように髪が長いケースの多い女性にとっては、とても気になって悩ましい問題になります。

 

このくせ毛は、先天的な要因と後天的な要因があります。その要因についてみてきます。

 

一つ目が、毛根と毛穴の歪みです。

 

毛根が歪んでいることで、髪が生えてくる時に毛にウネリが生じてくせ毛になります。

 

 

二つ目が、髪の毛は水分を吸収しやすい層と水分を吸収しにくい層で構成されています。

 

この層をコルテックスと呼んでします。この2種類のコルテックス層のバランスが50対50の場合に、髪の毛はくせ毛になることなくまっすぐになります。

 

 

3つ目が、添加物や汚れによる毛穴の目詰まりです。

 

これは、シャンプーやトリートメントに含まれる添加物・皮脂・汚れ等により毛穴が詰まることでくせ毛が発生します。

 

 

4つ目が、過剰なダイエットによるものです。

 

栄養が不足すると身体の末端となる髪の毛や爪など生命維持の優先順位の低いところから順番の栄養供給が不足していきます。

 

これが原因で、くせ毛となります。5つ目が、成長に伴う髪質の変化があります。

 

このような様々な要因からくせ毛が生じます。つまり、現時点でくせ毛でなくても、将来、くせ毛になるリスクも無いわけではありません。

 

くせ毛があると見た目もよいとは言えません。それ以外に、お洒落なヘアスタイルが実現できない場合もあります。ましてや、朝の忙しい時間に、くせ毛と奮闘しなければなりません。

 

くせ毛を確りとケアしないと、一日のテンションが上がらないばかりか、外出意欲が低下してしまうこともあります。

 

 

髪質を変えてくれえる魔法のドライヤー「レプロナイザー」はココが凄い!

 

数あるドライヤーの中で、 レプロナイザーは、何がすごいのでしょうか?レプロナイザーの特徴は、2つあります。

 

メーカ等のホームページの情報を噛み砕いて説明しています。実はメーカの説明は、難しい専門用語が使用さえていて難解なところもあります。

 

 

1つ目が、バイオプログラミング効果により髪のたんぱく質の水和構造を堅固にして熱によるダメージから髪を守ります。

 

水和構造って難しい言葉が登場しましたが、水和構造とは、簡単に説明すると髪の毛の表面に水和と呼ばれる水が薄く形成されます。

 

この薄い水の膜があることで、ドライヤーの熱から髪の毛を守ることができるのです。この薄い水の膜を作るのは非常に難しい技術です。

 

レプロナイザーは、この薄い水の膜を作って、ドライヤーの熱で髪の毛を自在な形にしているのです。

 

 

2つ目が、髪を美しくする最新技術のプログラミングです。冷風をあてることにより、頭皮までも、みずみずしく美しさを再生してくれます。

 

一般的なドライヤーは、ドライヤーから発せられる熱風によるアイロンの作用のみを機能として実現していました。

 

ところが、レプロナイザーは、熱風を発する時に、髪の毛を保護する水和構造を堅固するように機能します。更に、熱風だけでなく冷風による毛穴をケアしたりと、髪の毛のケアを総合的にサポートしています。

 

 

決して安くはないがこれを使えばもう普通のドライヤーには戻れない

 

レプロナイザーは、決して安い値段で入手できません。

 

その理由は、髪の毛をケアする機能が取り込まれているからです。

 

廉価なドライヤーでは、レプロナイザーの持つ機能はありません。

 

つまり、髪の毛のくせ毛を整えるためだけに使用するのであれば、廉価なドライヤーでもよいかもしれません。しかしながら、長期的な視点で、レプロナイザーによって髪の毛のケアしながら、髪の毛のくせ毛を整えるならレプロナイザーの助けが必要になります。

 

私は、今は髪の毛の保護を含めたトータルケアの観点からレプロナイザーから離れることができません。

 

 

>>レプロナイザーの詳細情報についてはコチラ